yuのほっこり暮らし

自由にゆるく生きたいアラサー女子が、心も体も健康に暮らすための情報を発信。

支出を抑えた最低限の生活で、心豊かに生きる方法

f:id:yu_yuruhowa:20200626203643j:plain

こんにちは、yu@yuka_8730です。

 

最近は、たくさんのものがなくても楽しく暮らせるのではないか、と考え始めた方も多いのではないでしょうか。

 

私もまさにその一人で、少ないもので暮らし、お金を使わなくても、心が穏やかなら幸せだな~と思うようになりました。

 

そんなとき出会った、You tubeでの両学長のリベラルアーツ大学の動画の一つ「第59回【会社からの緊急脱出】年収100万円未満でも心豊かに暮らす方法【人生論】

 見てみたら、

わかる、わかる、その気持ち~!!!

ということで非常に感動したので、ご紹介も含め、感想を書き留めておきたいと思います。

 

 

両学長のリベラルアーツ大学とは?


第1回 プロフィール&自由な生活を手にするためにはどうすればいいか【お金の勉強 初級編】

 

両学長とは、

・高校生の時に起業し、起業歴20年以上

・現在は経済的に自由を達成し、友人向けに「お金の知識」を発信スタート

 

という人物で、最近はYoutube配信以外にも書籍を出されてたり、オンラインコミュニティもされてたり。。。

 

書籍は楽天の総合ランキング1位、日経マネーという雑誌では、影響を受けたYou tubeチャンネルで1位として掲載されていました!

 

 

どうしたら支出を抑えて、収入を増やすことができるかな~

と考えていたこともあり、

私自身4月から見始めましたが、投資・税金・保険・年金 など、この数ヶ月だけでもだいぶ勉強になりました!

 

知らないだけで本当に損してた。。。これからの行動に取り入れよう!

できることから始めただけでも得するようになりました。

 

そんな中でもゆるく心が穏やかに暮らしていきたいと考えているような私にぴったりの動画を発見したのです!

 

【会社からの緊急脱出】年収100万円未満でも心豊かに暮らす方法

 


第59回【会社からの緊急脱出】年収100万円未満でも心豊かに暮らす方法【人生論】

 

 会社に勤めるのが苦手な人は、生活コストを抑えた生活をすればよいということです。

そうすれば、

無理に働く必要がない、たくさん働かなくていい

時間のゆとりも持てる

 

そのためには、収入>生活費となるようにする。

収入はなんでもいい(給与所得、事業所得、不労所得...)

生活コストが高いから週5で働かないといけない→時間がない

 

f:id:yu_yuruhowa:20200713124338j:plain

 

*生活を抑えた生活をしている方の事例*

 

①大原扁理さん

書籍「年収90万円でハッピーライフ」

・必要なだけ働けば満足

・嫌なことで死なない

・就職しなくても生きていける、同調圧力や空気に負けるな

・人生は一度きり。他人に自分の運命を左右されるのはゴメンだ

・ハードルを高くしないほうが楽に生きていける

 

②人生よよよさん

ブログ「29歳からの貧乏セミリタイア

セミリタイアする理由→嫌なことは全部世間の大人に押し付けて自分は一生ダラダラする

 

③年金暮らしのタイのおじさん

→物価が安い国を渡り歩く

 

④両学長の会社のスタッフさん

・正社員じゃなくても意外と生きていける、正社員にこだわらなくてもいい

・人生の大きな支出を抑えれば、正規雇用じゃなくてもそれなりに生きていける

→足りない分だけ週に2、3日働けばいい

→生きてゆくのが楽になった

 

こういった生き方をしている人を知るだけで、「もっと稼がないと!働かないと!」という肩の荷が下ります。

 

支出を抑えた暮らしとは、

経済的豊かさよりも、時間的ゆとりや心の豊かさに比重を置いた暮らし方。

そこにすでにあるものを受け入れて、それを大切にして暮らす

→野道を散歩する

→友達とおしゃべりする

→図書館で本を借りる

→自給自足する

→創作活動する

 

自分の価値観的に、人生でやりたいことにお金がさほどかからない場合

→自分の幸せに本当に必要なものを見極める

→支出を抑えて働くことを減らす

→時間が増えてハッピー

 

そんなに追いつめられて会社にしがみつかなくても、生きていけることがわかるのです!

 

ざっとこんな内容のお話をされていました。

(個人的に特に印象が強かった部分の抜粋ですが。。。)

 

感想

f:id:yu_yuruhowa:20200713124227j:plain

 

全体を踏まえて、特に印象的だった内容があります。

 

支出を抑えた暮らしとは、

経済的豊かさよりも、時間的ゆとりや心の豊かさに比重を置いた暮らし方。

そこにすでにあるものを受け入れて、それを大切にして暮らす

→野道を散歩する

→友達とおしゃべりする

→図書館で本を借りる

→自給自足する

→創作活動する

 

この考え方に非常に共感し、これらは自分が求めているもの、実際にしていることだと思いました。

 

たくさん稼いで自分の時間がなく、心が穏やかでない毎日を送るくらいであれば、無い中で暮らしを楽しみ、心が健康的な方がよっぽど幸せです。

ものがなければ工夫をし、大切にする。本当に必要・大切なものは何かわかるようになったので、無駄な時間やお金を使うことが減りました。

そして、好きなことをすることができ、心も幸せになったので、よかったな~と感じています。

 

価値観や考え方は人それぞれですが、自分の場合はお金だけにこだわるのではなく、自分に必要なものと時間を大切にして心豊かにゆるゆると生きていきたいな~と思いました。

 

それでは、また~。